システムについて

S-Collectionのシステムについて

S-Collection株式会社が提供するSEOの極意①

知らなかった!SEOの歴史

はじめに

ビジネスの場面でSEOという言葉を知っている人が増えてきていると思います。それでは実際に何をすればその効果がより出やすいのか、どれくらいの方がご存知でしょうか。
SEOのやり方は検索エンジンと共に進化していて、対策をする時期によってその内容もまた刻々と変化しています。

中には「時期によって変化するのならばその対応は意味がない」と考える方もいるかもしれません。もしいたとしたら、その考えはもう捨ててください。
IT技術が進むにつれて検索エンジンの精度も上がっていて、それと同時にSEOも本来目指す方向性へと向かいつつあります。

ここでは3回にわたって、過去のSEOの手法を踏まえ現在のSEOが目指す姿を、S-Collection株式会社の取り組みも交えながらご紹介していきます。
 
■過去のSEO
■現在の目指すべきSEO
■S-Collection株式会社のSEOへの取り組み
■まとめ

■過去のSEO

検索結果で上位に表示されるためには、被リンクがたくさんあり関連するキーワードがサイト内にあるほどいい、とは考えていませんか。
被リンクとは、外部から自分のサイトに向けて張られてるいるリンクのことですが、その考え方が広まった原因は過去のSEOにあります。過去のSEO検索エンジンが未成熟なことから、その虚をつくテクニックに偏った手法が一般的でした。「ブラックハットSEO」と呼ばれる手法が主流で、それによって誤った認識が広まったとも言えます。

 

「ブラックハットSEO」とは、検索エンジンガイドラインに反する対策で、それに対してガイドラインに沿った対策を「ホワイトハットSEO」といいます。検索エンジンアルゴリズムの裏をかいた悪質な技術により、Webサイトの検索結果の順位を上げようとすることを指します。

テクニックに偏った手法が間違いというわけではありませんが、これでは検索エンジンが改修されるたびにその対策を講じるというイタチごっこになってしまいます。さらには検索エンジンが理想に近づくにつれて、単にテクニックだけで効果が上がるというものでもなくなってきています。

また、SEOを誤解して単にテクニックに偏った手法を行うと、現在ではスパム行為(迷惑行為)とみなされることもあります。そうなると、ペナルティとして検索順位の下落や、最悪の場合は検索結果から削除されてしまう可能性もあります。

つまり、検索順位を上げることに偏ったWebサイトではなく、ユーザーから真に求められているWebサイトが評価されるということですね。

では現在求められているSEOとはどのようなものなのか、次回お伝えしていきます。