システムについて

S-Collectionのシステムについて

Webマーケティングで収益を伸ばすために必要なこと

【はじめに】Webマーケティングの強みは何か

Webマーケティングとは、Webを中心に行われる販売戦略で、WebサイトやWebサービスを用いて行われるものです。
大きな特徴は、施策の結果を数値で集計、管理ができることです。
例えば、店舗での販売の場合、お客さまが何を手にとって何を見ていたのかを正確に把握することは難しいでしょう。一方Webサイトなら、どのユーザーがどのページを訪れたのか、閲覧時間はどのくらいだったのかを細かく把握することができます。

 

その強みを活かしながら、S-Collection株式会社はどのようなWebマーケティングを展開しているのか。Webマーケティングの基礎知識を交えながら紹介していきます。

 

Webマーケティングを行う大きな目的は、3つあります。
「Webサイトを多くのユーザーに見てもらうこと」、「Webサイトを見て商品の購入や資料請求といった具体的な行動に結びつけること」、「そのWebサイトのファンになってもらい何度も繰り返し使ってもらうこと」です。

その目的を実現するために、Webマーケティングには、大きく3つの施策があります。

 

【目次】収益を伸ばす重要な3つの施策

1.集客施策(サイト流入増加)
2.接客施策(サイト内での収益化)
3.再来訪施策(リピート率の向上)

 

1.集客施策(サイト流入増加)

Webサイトにユーザーを集めるための施策です。
今後の記事では、SEOリスティング広告、アドネットワーク、アフィリエイト広告、SNS広告、YouTube、ネイティブ広告の7つの集客方法を紹介します。

2.接客施策(サイト内での収益化)

Webサイト上で、ユーザーに特定のアクション(購買・資料請求・問い合わせなど)を起こさせるための施策です。
そのために、年齢層・性別・収入・地域など、ターゲットに合わせたWebサイト作りを行います。つまりは、ユーザーの最新の情報を収集することが重要になります。

 

3.再来訪施策(リピート率の向上)

一度Webサイトを閲覧および利用したユーザーに、繰り返しの閲覧や利用を促したり、企業とユーザーとの関係を保つための施策です。


【最後に】キーワードは優先順位!

重要なことは、すべての施策を実行するのではなく、ターゲットが多く集まる施策に優先順位をつけて予算を投下することです。
それでは次回より、それぞれの施策についてより具体的な内容を紹介していきます。