システムについて

S-Collectionのシステムについて

最新のWebマーケティング~リピート編~

秘密は「One to Oneマーケティング」!リピーターができる工夫

はじめに

これまでWebマーケティングにおける「集客」と「接客」について紹介してきました。
人が集まり続けるお店には、「集客」であつまったお客さまを「接客」した先に、「常連」になるお客さまが多数存在します。今回はWebマーケティングにおける「常連をつくるための工夫」について紹介します。


■リピート率向上のために

お客さまの情報を統合的に管理し、長期的な関係性を築くための手法をCRM(顧客関係管理)といいます。
CRMには、個別のメールマーケティング、キャンペーンの実施、商品情報サイトの運営およびメールマガジンの配信といった手法があります。
企業様がもっている顧客データベースや、社外のビッグデータを活用して、多様なニーズの傾向、購買までの行動などを分析します。


こうした情報分析を活用してお客さまに合ったマーケティングを行うことで、お客さまが企業様と取引をはじめてから終わるまでの間、企業様が得た利益を計ることができます。
この利益をLTV(顧客生涯価値)といい、効果的なCRMをすることでLTVを向上させることが可能になります。


メールマガジンとメールマーケティング

CRMには、その内容に興味を持った人が登録をすることで、購読することができるメールマガジンサービスがあります。メールマガジンは、「多くの購読者数に、分け隔てなく同じ情報を届ける」という点に重きを置いて運用される場合が多いです。

 

一方、メールマーケティングというCRMは「購読者の趣向に応じて提供する情報を差別化する」、あるいは「購読者ごとに最適な情報を届ける」という考え方に基づいています。

メールマガジンが配信に特化しているサービスであるのに対し、メールマーケティングは配信に加えて、購読者のデータから分析や検証まで行なっていく点に違いがあります。


近年、徹底的にお客さま目線でマーケティングを行わなければ、「商品を売る」どころか「お客さまに商品の情報を正確に届ける」ことすら難しくなってきています。
そこで、個々のお客さまの属性やニーズ、購買履歴などに合わせて個別にマーケティングを展開し、成果を上げる「One to Oneマーケティング」の手法が見直されています。
この「One to Oneマーケティング」を実現しているメールマーケティングは、非常に有効な手段といわれています。

 

メールマーケティングには、主に3つのメリットがあります。
・企業様から発信された情報をメールで手軽に受け取ることができる
・購読者の趣向に合わせて情報提供を行っているため、購買行動に繋がる可能性が
 比較的高い
・一度の購買から、その後も企業様とお客さまの関係を維持することができる


■おわりに

リピーターを獲得するためには、ひとりひとりのお客さまと関係性の段階に合わせたコミュニケーションが大切になります。
例えば、初めて商品を購入したお客さまと、何年も商品を愛用しているお客さまでは、多くの場合、喜ばれる対応は異なります。

 

前者に対しては、次回購入を促す「繋がり続けるためのアプローチ」が有効でも、後者に対して同じ対応をすると、逆効果になってしまう可能性があります。

 

リピート期間が長く購入金額の多い「優良顧客」には特別プランを用意するなど、お客さまとの関係に応じて、適切で柔軟な対応が求められます。
Webマーケティングにおいても、ひとりひとりのお客さまに合った対応が必要となってきています。
S-Collection株式会社では、ビッグデータを活用し、お客さまと「One to One」のコミュニケーションを取っていける強みがあります。ぜひ企業様のLTV向上のために、S-Collection株式会社をご活用ください。