システムについて

S-Collectionのシステムについて

アジャイル開発とは~①生まれた時代背景~

変化にすばやく対応!アジャイル開発が生まれた理由

S-Collection株式会社では、「アジャイル開発手法」を採用しています。「アジャイルAgile)」とは「機敏な、敏しょうな」といった意味があり、「アジャイル開発手法」とは、簡単にいうと「早くシステムを作り上げることができる」開発手法です。
めまぐるしく変化しているIT業界では、変化にすばやく対応することが不可欠であり、S-Collection株式会社では、この「アジャイル開発手法」によって、短期でシステムの設計・開発を行うことが可能です。


では、アジャイル開発手法とは具体的にどういった手法なのでしょうか。聞きなれない方もいらっしゃると思いますので、まずは、アジャイル開発手法が生まれた時代背景から説明します。


アジャイル開発手法が生まれた時代背景

アジャイル開発手法の特徴のひとつが、すばやく変化に対応できるという機敏さです。特にソフトウェア開発のプロジェクトの進め方において「アジャイル開発手法」が広く浸透してきています。


では、なぜ機敏さを備えた開発手法が必要となったのでしょうか。もともとソフトウェアの役割とは、便利さを実現するための一部作業のシステム化であり、作業内容は基本的に変わらないため、日々の状況に応じて仕様が変化することはほとんどありませんでした。
2010年代にその役割が変わり、ソフトウェアは「新しいビジネスを生みだす源泉」へ変化してきています。そうなると、日々のビジネス環境の変化に応じて、仕様も変化させる必要が出てくるため、プロジェクトも変化にすばやく対応できるようになる必要があります。その結果、機敏さに優れたアジャイル開発手法が注目されるようになりました。


次回はアジャイル開発手法について、内容・成功事例に触れていきます。