システムについて

S-Collectionのシステムについて

IoTとは何か?

リアルタイムでデータ収集できる最新技術とは!?

IoT(Internet of Things)とは、私たちの生活にあるさまざまなものがインターネットに接続することで、制御できたり、情報取得できたりする仕組みです。
例えば、牧畜、家電、自動車、スマートフォンなどの状態をインターネットを通じて逐次データ収集し、まとめることで、それらの状況をリアルタイムで把握することができます。
これにより、さらに最適な稼働状態を実現することが可能となってきました。
この背景にはコンピュータの発展や通信技術の確立があり、なかでも重要なブレイクスルーの要因となったのは、LPWA(Low Power Wide Area)と呼ばれる通信技術の進歩です。
LPWAネットワークは言葉通り、低い電力で広域に通信するための技術です。
この通信技術は、BluetoothLTEのような高速な通信が出来ませんが、システムの省電力性や電波の広域性、価格的に安価な性能を持ったものです。この特性はIoTとの相性が非常によく、多くの産業に応用できるようになった要因の一つです 。
実際にこの通信技術が活躍しているシステムの例をいくつかあげていきます。

 

・自動車事故自動通報システム(Automatic Collision Notification)

これは自動車が何かの原因でエアバックが作動した際に、この情報を管理センターまで送るための仕組みです。
この「エアバックが作動した」という情報を報告するためには高速なデータ通信は必要なく、省電力かつどこからでも通信が行われることの方が重要になってきています。

 

・トイレや農作物/牧畜の遠隔監視システム

トイレの空き状況をネットワーク上に公開することで、稼働状況を見える化できます。
また、農業分野では、作物の発育や家畜の放牧中の所在をすぐに把握することができるようになりました。
これらのシステムには、電波の送信機が安価であることが求められます。
IoTによって、今までは自分が足を動かしていたり、誰かが報告するのを待っていたりしたところから、自動的にインターネットを通じて情報が蓄積されるようになってきました。
こうした情報をいかに効率的に活用できるようになるかが、事業の拡張において、大きな差を生み出していきます。

 

S-Collection株式会社はイベント事業を始め、Webチケットの関連事業に携わっています。
これらにIoT技術を導入することによって、いち早く動員状況やイベント進行を確認したり、物販販売コーナーでスマートフォンとWebチケットを用いたりすることで、販売した客層を集計することができるようになります。
S-Collection株式会社もよりよいサービスを展開していくために、最新技術を積極的に取り入れていきます。