S-Collection株式会社 システムについて

S-Collection株式会社のシステムサポート事業

ツールを制して検索上位へ、サーチコンソールの極意

最大限に活用するためのGoogleサーチコンソールテクニック

以前に「SEOとは?良質なコンテンツをつくるための基礎知識」にてSEOとはどういうものかを解説しましたが、今回はSEOに関連してGoogleサーチコンソール(Google Search Console)を紹介します。
Googleサーチコンソールは、作成したWebページがどのように検索をされているか、どのような検索結果で表示されるかなど、サイトに訪れるまでの分析を行います。

Googleサーチコンソールでできること

Googleサーチコンソールの機能を代表して次の4つの機能を紹介します。

・ペナルティの確認
・検索キーワードの検出
・インデックスの申請
・認知度の確認

ペナルティの確認

Googleガイドラインに従っていない場合、通知とともにWebサイトにペナルティが課せられます。ペナルティが課せられると、Googleの検索上位にWebサイトが表示されなくなりますので、定期的に確認する必要があります。警告が表示された場合には、即座に対応しましょう。

検索キーワードの検出

ユーザがWebサイトを表示した際に、Googleで検索したキーワードが何であったかを知ることが出来ます。キーワードを把握することで、どのようなWebサイトに興味をもつユーザが多いのか、Webサイトを検索上位に表示する手がかりとなります。さらに、Googleの検索結果に表示した回数やクリック率も確認できます。

インデックスの申請

インデックスとは辞書の索引ようなもので、Google検索エンジンにWebページがどういったものか索引となるデータを申請できます。インデックスが登録されることで検索した際に表示されやすくなります。インデックスは自動で作成されますが、Webページの作成や更新から数日かかる場合があるのでリクエストを手動で行うことが効果的です。

認知度の確認

Webページの内部リンクの数だけではなく、外部リンク元や外部リンク先のWebページを把握できます。また過去のインデックス数の増加量を確認することで、
インデックスはWebサイト内に内容の重複があると認識されると、削除される場合もあります。

他にもたくさんの機能があり、それらを無料でつかえます。
これらの機能を上手く組み合わせ、効果的なSEO対策を行いましょう。