システムについて

S-Collectionのシステムについて

プログラミングをはじめよう②ー開発環境の紹介ー

言語に合った開発環境の種類を知っておこう

前回の記事ではプログラミングを行うメリットと言語の種類について説明をしました。今回は開発環境について、ふれていきます。

 

3.開発環境を準備する

プログラミングを行うには開発環境を整えることが必要です。開発環境とは、開発をするためのさまざまな機能を備えているソフトウェアで、プログラム入力やバグ取り、プログラム公開などを便利にできるようにしてくれます。
各言語によって開発環境が変わりますので、自分が使いやすいものを調べて設定していく必要があります。こちらもいくつか開発環境の例をあげます。

Eclipse(Javaなど)

IBMによって開発された開発環境です。Plugin(プラグイン)と呼ばれる拡張モジュールを追加することにより、さまざまな機能を追加できることが特徴です。Javaの開発で使用されることが多いですが、PHPRubyなどの言語による開発も行うことができます。

Microsoft Visual Studio(C#など)

マイクロソフトが提供する開発ツールです。C#C++Visual Basicなとのさまざまな言語で開発をおこなうことができ、プログラミング初心者や新しい言語の学習に最適な環境となっています。

③PhpStorm(PHP)

このPhpStormはPHPの開発環境になりますが、有償で提供されています。とても高機能で、PHPのほかに、Web開発に必要なHTMLやCSSJavaScriptSQLもしっかりサポートしています。30日間のフリートライアルがあるので、気軽に試すこともできます。

Aptana Studio(Ruby)

こちらはRuby開発にお勧めですが、PHPやHTML、CSSJavaScriptにも対応しており、Web開発でよく使われる言語をカバーしています。無償で公開されていますので、導入もしやすくなっています。

IntelliJ IDEA(Java)

IntelliJ IDEAはJavaの開発環境です。他にも、IntelliJ IDEAはAndroidアプリ公式開発環境の「Android Studio」のベースにもなっており、信頼性の高い開発環境です。幅広いJavaプログラミングを行う方にお勧めです。

 

4.プログラミングの仕様を知る

プログラミングを始めるにあたって各言語の仕様を知る必要があります。
また、コーディングルール(企業やオープンソースコミュニティやあるいは特定のプロダクトごとに定められた、プログラムのコーディングに当たっての統一的なガイドライン)というものもあり、各言語ごとに標準的なものが決められているため、チェックすることをオススメします。
しかしプログラミングを行ううえで大切なのは、暗記ではなく理解して使えるようになることです。そのため、しっかりと自分が使用する言語のルールを知り、そのルールにしたがってプログラムを記述していく必要があります。

 

5.最後に

今後、情報化社会が進んでいくにつれ、プログラミングを用いたシステム開発の需要は高くなっていくでしょう。新しくシステムを作る人の需要も高まることが予想されます。
S-Collection株式会社ではそういった技術者の方と共に、よりよいシステム構築を支援する技術力を提供しています。