S-Collection株式会社 システムについて

S-Collection株式会社のシステムサポート事業

これを取れば大丈夫!? 就職・昇進に役立つIT系の資格特集!③

応用編!専門分野に特化した資格②

前回は専門的な資格を紹介しました。今回は別ジャンルでの専門的な資格を紹介します。

1.インフラ系

サーバーを自社で運用し、業務システムを運用している会社はまだまだ多いです。そうなるとITインフラの専門知識を持った人材が必要です。
Microsoftが認定するMCSEやMCSAという資格を保有していると、データセンターの運用に必要なシステム管理、仮想化、ストレージ、ネットワークの専門知識を保有している証明になります。

2.システム系

システム全体の設計や運用管理をするには専門の知識が必要です。システムを保守しながら、改善もして、長くつかっていくために必要なことをおさえている人材が必要です。
システムに関連する代表的な資格にITコーディネーターとITILがあります。ITコーディネーターは経済産業省が推進する資格で、経営に役立つIT利活用の知識を有していることを証明できます。ITILは国際的IT試験提供機関EXIN(エクシン)が認定する国際的な資格であり、システム運用の体系的な知識を有していることを証明できます。

3.マネジメント系

技術者としても有能でありながら、チームで協力でき、必要な仕事を人に任せて、円滑にプロジェクトを推進できる人が求められています。
プロジェクトマネジメントに関する代表的な資格にPMPがあります。PMPはPMI 本部が認定しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。プロジェクトマネジメントに関する経験、教育、知識を測り、プロフェッショナルとしての確認を目的として実施されます。3年毎に更新が必要で、PMPはプロジェクトマネジメント能力の現役度の高さを証明できます。

資格取得はキャリアに合わせてステップアップ!

3回にわたり、IT資格の取得を考えている方向けに、代表的な資格を紹介しました。
社会人は勉強時間を確保する必要があるため、複数の資格を同時並行で目指すよりも、まずは目指すキャリアに合わせた資格を一つ取得することを目標にすることが大切です。そのあとでより高度な資格取得を目指し、日々の業務で資格取得で学んだ知識を活かしながら、実践力をつけることで、より活躍の場が広がります。

ご自身のキャリアプランに合わせた資格を計画的に取得することが、自分にとっての最善の職場とポジションを手にすることへの近道ではないでしょうか。

これを取れば大丈夫!? 就職・昇進に役立つIT系の資格特集!②

応用編!専門分野に特化した資格①

前回はIT系の資格取得についての考え方と、代表的な資格を紹介しました。今回はより専門的な資格を紹介していきます。

1.ネットワーク系

パソコンは社内の通信網と世界の通信網を繋げることでより多くのことができるようになります。ネットワークにつなげるときには、セキュリティやコンプライアンスが重要です。このことを意識した通信網の設計をできる人が求められています。
ネットワーク系で有名な資格としてCCNACCNPがあります。世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施している資格です。取得すれば、ルータ、スイッチ等に関する知識と技術力、基礎的なネットワークの知識と技術を持っている証明になります。

2.セキュリティ系

昨今の顧客情報や機密情報を狙ったサイバー攻撃から情報を守るのは企業の果たす義務であり、責任があります。そのためセキュリティの専門家も求められています。
セキュリティ系で有名な国際的資格として、ISACAという団体が運営しているCISACRISCという資格があります。セキュリティ、コントロールに関する高度な知識、技能と経験を持っていること、リスクマネジメントに精通している証明になります。

3.クラウド

最近では、クラウドサービスを利用した業務システムも増えてきました。さらにこれから主流となることが予想されます。クラウドサービスの主流であるAmazon Web ServicesAWS)の専門知識を持っているとこれからの時代に有利といえます。
AWSが認定する資格としてASAがあり、取得することでスケーラビリティや通信、セキュリティ要件に合わせたAWS設計ができる能力があることの証明になります。

今回は、専門的な3つのジャンルの資格を紹介しました。次回も引き続き専門的な資格を紹介します。

これを取れば大丈夫!? 就職・昇進に役立つIT系の資格特集!①

情報化時代を生き抜くために必要な資格を紹介

ITとは無縁の人たちにもIoTや人工知能という言葉が広まってきました。情報化時代を生きていくために、IT系の資格取得を考える方も多いのではないでしょうか。今回はIT系の資格について紹介します。

前提は実践力ありき!

IT企業の求人情報を見ると、多種多様な資格が応募要項に並んでいて「就職や転職する際には資格が必要なのか」と感じるかもしれません。しかし、前提として求められるのは実践的な知識とスキル、プログラミング能力です。
プログラミング言語やツールは時代と共に変わりますが、実際の業務で必要になるプログラミングの論理的な思考力や実務経験を持っている人は、いつの時代でも変わらずに重宝されます。
資格の取得を昇進の要件に義務づけている企業もありますが、必ずしも就職や昇進に資格が必要かというと、そうでもありません。
これから資格を取ろうと考えている人は、実践的なスキルを鍛えることが最も重要だと念頭におくことが大切です。

入門編!IT系で共通する資格

多くのIT系エンジニアが受験する資格は「基本情報技術者試験」です。これを取得している人はシステムの基本的な知識を身につけていると言えます。その上級資格には「応用情報技術者試験」があります。これを取得していると、より専門性の高い知識を身につけていると言えます。
両方とも国家資格であり、試験は年2回4月と10月に実施されています。
また、国家資格には「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」以上に専門性の高い「ネットワークスペシャリスト」、「データベーススペシャリスト」といった資格や、システム開発プロジェクトの責任者としてプロジェクトマネージャー資格などがあります。

今回は、IT系の資格取得についての考え方と、代表的な資格を紹介しました。次回はより専門的な資格を紹介します。

お役立ちツール紹介!Googleスプレッドシートをつかいこなそう♪〜マクロ編〜

マクロに記録して業務の効率アップ!

以前、「Googleスプレッドシートをつかいこなそう♪〜関数編〜」では、厳選した2つの関数について紹介しました。スプレッドシートをさらに活用していくにあたり、今回はマクロ機能についてご紹介します。

1.マクロとは?

「マクロ」という言葉の意味を調べると、「巨大」「巨視的」といった記述が出てきますが、ここでの「マクロ」とは、「スプレッドシート上で行う、一連の操作を記録する機能のこと」になります。

2.マクロでどんなことができるの?

日々の業務のなかで、スプレッドシート上で複雑な操作を繰り返す必要があることも多いのではないでしょうか。
その操作をマクロに記録することで、操作を自動化することができます。また、自動化により、操作ミスをなくすこともできます。
それでは実際に、「操作を記録して、記録したマクロを実行する」という手順について、紹介します。
新規にシートを作成し、その新規シートのA1セルのセル色を変えるマクロをつくってみましょう。

Step1.マクロの記録を開始する

まず、マクロの記録を開始します。メニューより、「ツール」→「マクロ」→「マクロを記録」を選択します。
すると、「新しいマクロを記録しています…」というダイアログが表示され、赤い丸が点滅します。
これは、「ただいま、マクロを記録中」ということを表しています。

f:id:s-collection_system:20180728165454p:plainf:id:s-collection_system:20180728170604p:plain

Step2.操作を記録する

次に、操作を記録していきます。
今回は、新規にシートを作成し、その新規シートのA1セルのセル色を変えるマクロをつくるので、まずスプレッドシートの左下にある「+」を選択します。
ダイアログに「操作1:新しいシートを挿入」と表示され、どのような操作が記録されたのかが分かります。
新規シートに切り替わり、「A1」セルが選択された状態になっているので、次にスプレッドシートの上部にあるツールバーより、「塗りつぶしの色」のアイコンをクリックして任意の色を選択します。
ダイアログには「操作2:書式スタイルを設定」と表示されます。
そして、ダイアログの「保存」をクリックして、マクロの記録を停止します。

f:id:s-collection_system:20180728171709p:plain

Step3.記録したマクロを保存する

次に、記録したマクロを保存します。
「新しいマクロの保存」ダイアログが開くので、今回は下記設定とします。
 名前:セル色変更
 ショートカット:1
ショートカットキーには、数字の1~9を割り当てることができます。
「保存」をクリックすると、「マクロを保存しました」というメッセージが表示されます。
これでマクロの記録は完了です。

f:id:s-collection_system:20180728172039p:plain

Step4.保存したマクロを実行する

最後に、セル色変更マクロを実行してみましょう。
スプレッドシートのメニューより、「ツール」→「マクロ」を選択すると、先ほど保存したマクロ「セル色変更」が、メニューに表示されているので選択します。

選択したマクロが実行され、新規シートの作成と、その新規シートのA1セルのセル色変更が行われます。マクロを初めて実行するときには認証が必要です。認証は画面に表示された順に進めてください。
割り当てたショートカットキー「Ctrl + Shift+ Alt + 1 」でも、同じように実行することができます。

f:id:s-collection_system:20180728172104p:plain

今回は、スプレッドシートのマクロとは何か、またその記録と実行手順について紹介しました。
ぜひ、マクロを活用して、業務の効率化を図ってみてはいかがでしょうか。
これからも引き続き、業務に役立つGoogleスプレッドシートの活用術を紹介していきます。

IoT機器も狙われている?!セキュリティ対策で知っておきたいこと!

絶対に知っておきたい!IoTのセキュリティ対策

以前、「IoTとは何か? 」というタイトルでもご紹介したとおり、自動車や家電を始め、世の中のあらゆるものがインターネットに接続される「IoT」化が進んでいます。車が自動運転化されたり、外出先から家電が操作できるようになれば、世の中はさらに便利になります。
IoTデバイスの数は年々増加しており、総務省の報告によれば2016年時点で、世界で約173億個といわれるデバイスの数が、2020年には倍の300億個にまで増加すると言われています。

IoT化が進むと同時に、IoTのセキュリティ事故が発生していて、早急な対策が必要とも言われています。今回は、IoTのセキュリティについて深く掘り下げていきます。

1.増加するIoTデバイスを狙った攻撃

2013年、アメリカのフォーブス誌が発表した車載システムのハッキング実験では、プリウスエスケープの2車種について、ブレーキやハンドルを遠隔操作できることが実証されました。
実例では、POS端末、家電あるいは監視カメラに感染するマルウェアも複数報告されています。IoTデバイスマルウェアに感染すると持ち主が知らないところで、勝手に迷惑メールを送信されたり、監視カメラが動かされて情報が抜き取られるといった被害が起こりえます。

2.IoTセキュリティの現状

IoTデバイスにおいては、PCと同じようなセキュリティ対策ができない場合があります。
IoTデバイスは、PCなどに比べると、もともと家電や機械なので、セキュリティ上必要な分のCPUやメモリを搭載していません。搭載することも可能ですが、それによって製品のコストが上がってしまいます。
また、耐用年数が長い製品については、危険な状態のまま長時間放置されてしまう可能性もあります。脆弱性が発見された場合、すぐに対応できればいいですが、自宅の家電から、サイバー攻撃の被害が広まってしまうかも、と危機意識を持てる人は、少ないでしょう。

3.私たちができる具体的なIoTのセキュリティ対策

セキュリティ対策のために、まずはセキュリティに対する知識を持つことが必要です。
IoTデバイスもIT機器であることを認識し、PCと同じようなセキュリティ対策を取る必要があるという意識を持ちましょう。
常にソフトウェアの最新のバージョンをアップデートすることで、IoTデバイス脆弱性がない状態を保つことができます。初期設定のパスワードを特定しにくいものに変更することも重要です。

便利なIoTデバイスもセキュリティ対策を怠れば、危険なデバイスになります。セキュリティに対する意識を高く持ち、IoTデバイスを上手に活用しましょう。

わずらわしいID&パスワード認証が終わる日がくる

パスワード認証はもうすぐ終わる?

物を買う、情報を発信する、ほしい情報を手に入れる、習いごとをするなどインターネットを通じてできることが増えてきました。
インターネットでサービスを利用する場合は認証が必要になります。たとえば、Amazonで買い物をする場合にはIDとパスワードを入力し、ログインをする必要があります。このログインをすることで、登録した人本人であることを認証しています。
認証にはIDとパスワードを入力する方法が採用されることが多いですが、そのなかでパスワード限界説が話題にあがっています。
今回は、なぜパスワードがつかわれ続けているのか、なぜ限界といわれているのかを紹介します。

1.パスワードがつかわれる理由

なぜパスワード認証が使用されつづけているかというと、長い間パスワード認証がつかわれてきたので、多くの人が慣れているからです。
つまりセキュリティ上強固だからではなく、新しい認証方式が広まらないために今もパスワード認証が採用されています。

2.なぜ、パスワードが危険なのか?

パスワード認証では、強固なパスワードを設定すれば、セキュリティ上問題はありません。パスワードは「6文字以上であること」「辞書に登録されていないランダムな文字であること」「アルファベット、数字、記号が組み合わさったもの」であれば強固といえます。
しかしこういったパスワードは忘れやすいために覚えやすいものが設定されたり、紙に書き写したものを盗み見られるリスクがあります。そのためパスワード認証が危険といわれます。

3.企業のセキュリティ強化とユーザーの思い

企業はセキュリティ強化のために、頻繁なパスワード変更や、入力桁数の増加、さらには記号を入れたりとユーザーが設定するパスワードにさまざまな制約をかけています。
しかし、それをユーザーに求めるとパスワード設定のわずらわしさから、ユーザーがそのサイトを利用する頻度が減り、機会損失をうむ可能性があります。そのため、企業としても慎重にならざるをえません。
ユーザーからの視点も、企業からの視点もパスワード認証は限界が来ているという状況です。

4.パスワード認証に代わる次なる認証方法

パスワードに代わる認証方法として話題にあがっているのが、生体認証です。
生体認証には、iPhoneやGALAXYなどにつかわれている指紋認証、iPnoneXで登場した顔認証、GALAXY8から登場した虹彩認証をはじめ、静脈認証や声認証などがあります。
GoogleAppleなどは、すでにパスワード問題にアプローチしていて、ログインする際に生体認証を一部で採用しています。
また、本人認証の世界標準化組織『FIDO(ファイド)』という組織もできていて本人認証のシステムの開発と、メーカーごとにバラバラな生体認証システムをつなげる開発も世界規模で進んでいます。

近い将来はID・パスワード以外の認証方法が増え、インターネット上のさまざまなサービスに本人認証のための負担がなく安全にアクセスようになるでしょう。

Linuxをつかいこなすために伝えたい3つのこと③

Linuxテキストエディタをつかいこなそう!

前回Linuxのコマンドを紹介しました。
Linuxの設定ファイルはほとんどテキスト形式で書かれているため、テキストエディタを使う必要が出てきます。今回はCUI環境でつかわれるテキストエディタについて紹介します。

1.Vim

ほとんどのディストリビューションで、最初からインストールされているテキストエディタです。特徴はカーソルの移動、テキストのコピーやペースト、ファイルの保存を行うコマンドモードと、テキストの入力を行うインサートモードに分かれていることです。

2.Emacs

外部プログラムとの連携が簡単にできるのが特徴で、emacsを起動したままLinuxのコマンドをつかえます。emacsのコマンドはショートカットキーと同じくCtrlキーやAltキーと一緒にほかのキーを入力するのでGUIテキストエディタに慣れた人にはわかりやすいところがあります。

3.Linuxはカスタマイズ性が強み!

今回紹介したVimemacsですが、ユーザーの好みでカスタマイズすることが可能です。ディストリビューションの種類の豊富さ、カスタマイズ性がLinuxの強みです。LinuxLinuxで動くアプリケーションはカスタマイズのしやすいという利点があります。用意されたものをつかうだけでなく、自分好みにアレンジする楽しさを知っていただければ幸いです。