S-Collection株式会社 システムについて

S-Collection株式会社のシステムサポート事業

意外と知らない??システムエンジニアのイメージと実態②

システムエンジニアの楽しいところ・いいところ

前回はシステムエンジニアのイメージ像とその実情について解説しました。労働環境はひと昔前とかなり違いますし、仕事の仕方はチームで行うためコミュニケーション能力が重要になります。システムエンジニアとしての働き方も幅広いですが、楽しいところや身につくスキルには共通点もあります。今回はシステムエンジニアのやりがいについて3つ紹介します。

1.論理的思考が身につく

システム開発には論理的思考が欠かせません。コンピュータが理解できるようにプログラミングすることはもちろん、ユーザーが実際にシステムを使ったときのことを考えて必要なものはなにか、予想外のでき事にはどう対応するのかを考えるため、論理的思考が身につきます。

2.自分の開発したプログラムが想定どおりに動いたときの喜び

新人のころに先輩に教えてもらいながら、はじめてプログラムが実行されたときはものすごくうれしいものです。プログラムは目に見えない部分があるので動かしてみてわかる部分があります。プログラミングの工程よりテストの工程が長いのも、考慮の漏れがないかを確かめるためです。

3.リリースをしたときの達成感

システム開発で山場となる部分はリリース前です。万が一も許されないので最終チェックには気を使いますし、納期との戦いでもあります。苦労はありますが、その分達成感がありますし、自分たちが作ったものが世の中で活躍するのは感動があります。
システムエンジニアの仕事はでたいへんなこともありますが、その分やりがいのある仕事でもあります。もちろん自分の健康も大切です。しっかり健康を保ちながら、自分の仕事に全力で取り組むことが理想と言えます。

 

前回と今回の2回にわたりシステムエンジニアの実態と良さについて紹介しました。時代ともに働き方は変わりますし、システムエンジニアが扱うものも変わっていきます。まだ世の中にないものを産みだすシステムエンジニアの魅力が伝われば幸いです。

意外と知らない??システムエンジニアのイメージと実態①

システムエンジニアの実態について

システムエンジニアといえば3K(キツくて、キビシくて、帰れない)の職業と呼ばれていました。ひと昔前はよくある話でしたが、今では多くの企業が36協定を遵守しています。また、システムエンジニアとひと口に言っても、お客さまと要件をまとめる業務、製品を開発する業務、そしてインフラを整備する業務と仕事内容もさまざまです。今回は世の中の人が思い描いているシステムエンジニア像とその実情を3つ紹介します。

1.残業時間は常識的に!時代とともに変化した働き方!!

どの職業も仕事の忙しさには波があるため、残業が集中する期間はあります。とりわけシステムエンジニアは残業時間がすごく長いというイメージですが、実際は20~200時間の間で人により幅があります。最近は残業の規制が厳しくなっていることから20~50時間の間に収めるように社会的な動きがあります。時代とともにシステムエンジニアの働き方についての考え方も変化してきています。

2.仕事はチームで!求められるコミュニケーション能力

1日の大半をパソコンに向かって仕事をしているシステムエンジニアのイメージとともに、人とコミュニケーションを取らないイメージをもたれることがあります。しかし、1人でひとつのプロジェクトをすべて行うことは基本的にありません。システムエンジニアはチームで仕事をします。そのため、コミュニケーションや意思疎通は必須です。特にプロジェクトのマネージャーなど管理者やリーダーと呼ばれる人は高いコミュニケーション能力が求められます。

3.システムに強くてもパソコンに強いわけではない!

システムエンジニアはパソコンに詳しいと思われがちです。なかにはパソコンが好きですごく詳しい方もいますが、全員がそういうわけではありません。もちろん仕事で担当する分野のシステムには詳しいですが、必ずしもパソコンに詳しいわけではありません。職業上パソコンで仕事をすることが多いですが、その中身まで熟知してはいません。それでもときおり頼られることがありますが、解決方法を調べて対処することが実は多いです。

 

次回はシステムエンジニアの楽しいところを紹介します。

東京オリンピック、 IoTによる「おもてなし」に向けて②~整備されたインフラの利活用!!~

東京オリンピックで使われる高度なインフラの利用方法!!

前回の「東京オリンピック、 IoTによる『おもてなし』に向けて①~おもてなしを支えるインフラ整備!!~では東京オリンピックへ向けて行われているインフラ整備について紹介しました。

今回は総務省が推進している「ICT化のアクションプラン」をとおして、高度なインフラがどう使われていくのかを紹介します。ICT(Information and Communication Technology)とは「情報伝達技術」と訳され、ITにコミュニケーションの要素を加えたものです。

1.言葉、情報、接続の壁がなくなる!

IoTやICTが発展した東京オリンピックではさまざまな障害がなくなります。総務省が推進する「ICT化のアクションプラン」によると、言葉、情報または回線接続の壁をなくすことが挙げられています。

言葉の壁の解消

言葉の壁については多言語翻訳機能を充実させることによって解消されます。各国の言語の壁がなくなればさまざまな国の人との円滑なコミュニケーションが可能になります。多言語翻訳機能の1つとして各国の言語に対応した該当エリア内の観光関連施設情報や、お勧めの観光モデルコースを入手できる機能があります。これを備えた多言語対応観光スマートフォンアプリはすでに開発されています。

情報の壁の解消

情報の壁についてはデジタルサイネージの機能拡大によって解消されます。映像による電子看板であるデジタルサイネージが発達すると、競技場外にいながらもデジタルサイネージを設置している場所で4K、8Kによる高画質のパブリックビューイングを利用してオリンピックの中継を楽しむことができ、機器や通信デバイスの壁を取り払ってオリンピックを楽しむことが可能になります。
また、競技場へのアクセスはもちろん、道の混雑状況、電車、バスなどの公共交通機関の詳細な運行情報、そして災害時の災害情報や避難場所などについてもデジタルサイネージを使用して一斉に配信することができるよう準備がなされています。

回線接続の壁の解消

回線接続の壁については5Gを実現することや公衆無線LANを拡充することによって解消されます。公衆無線LANが拡充することはオリンピック終了後の日常生活でも大きな役割を果たすでしょう。

東京オリンピックに向けて、高度なインフラ整備とそれを利活用した各種サービスがさらに実現されてくるでしょう。IoTによる「おもてなし」を存分に受けて、東京オリンピックを楽しみたいですね。

 

S-Collection株式会社のシステムサポート部門も、日進月歩で進化するICTを駆使して、質の高いサポートを提供していきます。

東京オリンピック、 IoTによる『おもてなし』に向けて①~おもてなしを支えるインフラ整備!!~

IoTによる『おもてなし』を支える高度なインフラに注目!

2020年は東京オリンピックの年です。4年に1度のオリンピックが日本で開催され、楽しみにされている方も多いでしょう。実はオリンピックはITが発展する大きな機会でもあります。
また、2013年の滝川クリステルさんのプレゼンテーションで話題となった「おもてなし」というフレーズは記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。東京オリンピックに向けて総務省主導で「IoTおもてなしクラウド事業」の取り組みがなされています。今回はそんなIoTによる「おもてなし」実現のために重要なインフラ整備について紹介していきます。

1.東京オリンピックまでにどんなインフラ整備がされるのか!

IoTによる「おもてなし」を実現していくためにはこれまでよりも通信量が増えるためインフラの整備が重要です。現在利用されているLTE通信はもちろん、第五世代移動通信(5G)を利用可能にするためのインフラ整備とおよび5Gを使用したシステムの実用化が東京オリンピックに向けて行われています。
5Gは2020年春に商用サービス開始予定で、現行のLTE通信と比較して100倍の伝送速度、1000倍の大容量化を誇る最先端の通信技術です。そのため、5Gを使用すれば今までダウンロードに時間を要していた大容量のデータも短時間でダウンロードが可能になります。また、多数端末同時接続時のネットワークへのつながりにくさの解消にもなるでしょう。さらに消費電力の抑制にもなり、電池消耗の不安が減ります。
この技術を使用して東京オリンピックで臨場感あふれる360度8KVR映像の配信も進められています。2020年代トラフィック量は2010年代とくらべて1000倍になると予想されています。5Gの拡充はIoTによる「おもてなし」を実現するためのカギと言えるでしょう。

次回は整備されたインフラはどう利活用されていくのかを紹介していきます。

【重要!】ノートPCを紛失する前にできる3つの対策!

ノートPCの紛失に注意☆

近年、インターネットを利用できる場所が増えてきたこともあり、カフェなどでノートPCを利用する場面も多いのではないでしょうか。
ノートPCは持ち運びしやすく、外出先でも活躍しますが、持ち出しによるリスクもあります。カフェや電車の網棚などへの置き忘れ、車上荒らしによる盗難などです。また、紛失、盗難によって個人情報や機密情報などの情報が漏洩してしまった場合、企業であれば社会的信頼を失ったり、利益損失する可能性もあるでしょう。
事前に紛失、盗難にあった際の対策を準備しておくと、万が一の場合でも落ち着いて対応ができます。今回は、ノートPCの紛失の前に取っておくことのできる対策を紹介していきます。

1.ノートPCの紛失前にできること

ノートPCの紛失前に、できることが3つあります。

HDD(ハードディスクドライブ)の暗号化!

ノートPCのセキュリティ対策として有効とされているのが、HDDの暗号化です。ファイルやフォルダ単位でなく、OSやシステムフォルダを丸ごと暗号化するものです。個人情報の漏洩が問題になる現在社会では、非常に有効な手段と言えます。

重要ファイルの暗号化!

重要なファイルがノートPC内のいたるところに点在していたり、数多くある場合は、各ファイルの暗号化し忘れを防ぐためにも、対策1のHDDの暗号化が好ましいですが、そうではない場合は重要なファイルのみを暗号化するほうが簡単です。

ログインまでのハードルを上げる!

OSにログインするまでに、以下の順番でパスワードをかけておくことが推奨されています。
1.HDDパスワード
2.BIOSパスワード
3.OSログインパスワード
HDDパスワードはHDD本体にパスワードをかけるため、別のPCに差し替えても内容を読み取ることができません。セキュリティ上、非常に効果のある対策だと言えます。

2.まとめ

機密情報などの重要なファイルが格納されているノートPCの紛失のリスクに備えて、事前に、対策や準備を把握しておくのは大事なことです。ここでは対策として3つ紹介しましたが、それぞれの状況に合わせて適切な対策を立てることをおすすめします。

2人の金持ち父さんが教える特別な講演会!「World Business Expo」レポート!

日本初!2人の金持ち父さんが共演!

2018年10月6日に幕張メッセにて「World Business Expo 2018〜 2人の金持ち父さんからの教え 〜」が開催されました。
このイベントは米国ビジネス界の権威で全米No.1ミリオネアメーカーとの呼び声もあるロバート・アレン氏や、著書『金持ち父さん』シリーズで世界的なベストセラーを生み出したロバート・キヨサキ氏らによる豪華な講演会です。両名による講演会は日本初で、1万人以上の方が来場しました。
世界的なマネーの権威が来場した講演会の模様を紹介します。

1.チームの大事さを熱く伝えてくれたロバート・アレン氏

ロバート・アレン氏は『Nothing Down』の著者で、この本は不動産投資関連の本として史上最も売れました。また、著書『Creating Wealth』はニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストの第1位に輝いています。
講演ではロバート・アレン氏の経験をたっぷりお話ししていただきました。メンターを探すことの重要性やチームを組むことの重要さを、自身が富士山に登頂した時のことをスライドを用いながらお話ししていました。
講演の途中、ロバート・アレン氏が直接教えるセミナーの案内がありました。講演の内容だけでなく、ロバート・アレン氏の日本でも億万長者を可能な限り輩出するというコミットメントが伝わってきました。

2.自ら考えて行動することの大事さを伝えてくれたロバート・キヨサキ

本講演のもうひとりの講師であるロバート・キヨサキ氏は著書の『金持ち父さん』シリーズで世界2,600万部のヒットを生み出した方です。著書『キャッシュフロークワドラント』の中で出てくる4つの働き方の話やお金の流れの話を生で聞ける貴重な時間となりました。
なかでも日本経済や日本の教育の問題点をお話ししている姿は印象的で、特に「日本人は勤勉で優秀だが、考えることをしない」、「やめてほしいのは、指示やアドバイスを受けるまで行動しないこと」とロバート・キヨサキ氏がお話ししていたのを、会場の全員が聞き入っていました。
講演中も参加者同士がお互いに意見を交換する時間を設けて、自分で考えることの重要性を伝えていました。

3.世の中に貢献するために日々学び続けます!

講演会は12時からはじまり19時40分までの約8時間、お金について学べる濃厚な時間となりました。両講師は「『天才でなければお金持ちにはなれない』『お金を稼ぐにはお金が必要』というのはウソだ」とお話していました。
「金持ちになることは難しい。こうでなければいけない」と考えるのではなく、「自分は金持ちになることができる」と物事の捉え方を変えると現実も変わっていくと強く感じました。

S-Collection株式会社もシステムの観点から、さらに世の中に貢献していくにはどうしたらいいか、どうしたらもっとよりよいサービスを提供できるかを考えて行動していきます。

SoE、SoR、SoIとは?システムのこれから!

SoR、SoE、SoIを理解して、今後のシステムに求められているものを知ろう!

近年のシステム設計は、仕様書を実現するだけでなく、ユーザーの視点をより意識し、ニーズを理解し、迅速に柔軟に対応することが求められています。そのなかでIT業界では、SoR、SoE、SoIという言葉を耳にすることが増えてきました。今回は、これらの言葉の意味と、システム開発の今後について解説していきます。

1.初めてでもわかるSoR、SoE、SoI!

SoR、SoE、SoIとは、そのシステムがなにを目的として設計されたのかを表現した言葉です。

SoR

SoRは「System of Records」の頭文字を取ったもので、「記録のシステム」と訳されます。
機密情報や個人情報など重要情報を安全に管理し、それを適切にアウトプットできる点を重視して設計されるシステムのことです。SoRは、経理会計、販売管理、人事管理などの基幹系システムによく用いられます。このようなシステムは、高い信頼性や安定性が求められます。そのため綿密に計画して、順序立てて開発を進めていくという設計方針をとります。

SoE

SoEは「System of Engagement」の頭文字を取ったもので「つながりのシステム」と訳されます。
顧客視点を重視して設計されるシステムのことで、ITやWebサービス、IoTやクラウド、AI、ソーシャルメディアなどのようにシステムの仕様確定が難しかったり、変化が多くスピードを求められたりする分野で用いられます。例えば過去の顧客の購入や閲覧の履歴データから関連するおすすめの商品を提案するなどが挙げられます。まずサービスを開始させたうえで、必要に応じて機能を追加したり改善したりしていくという、設計方針をとります。

SoI

SoIは「System of Insight」の頭文字を取ったもので「インサイト(顧客の欲求や行動心理)のためのシステム」と訳されます。
SoEとSoRを組み合わせ、顧客の欲求や行動を分析するために設計されるシステムのことです。
例えば通販サイトで顧客がカートに入れたり、購入した商品のデータをもとに、おすすめや関連する商品を表示する機能(レコメンド機能)があります。このような機能をつくるためには、購入履歴などから顧客の行動を分析する必要があります。このように分析するためのシステムはSoIのひとつといえます。

2.今後のシステムに求められるものとは!

従来のシステムは、社内での業務を省力化、合理化するために設計されること(SoR)が主流で、求められる仕様も比較的明確でした。
しかし、SoRはコスト削減にはつながりますが、収益を上げていくことに直結はしていません。今後はSoEやSoIにて、まだ見えていない顧客のニーズを見いだし、新たなサービスを作り出していくことが求められています。

S-Collection株式会社では、さまざまなシステムの開発や構築・テスト・運用サポートなど多岐にわたってシステムサポート事業も展開しています。SoE、SoR、SoIから最適な設計方針を用いながら、ご要望に合わせた最適なシステム構築をすることで、企業様へ貢献し続けていきます。