S-Collection株式会社 システムについて

S-Collection株式会社のシステムサポート事業

テレワークの基礎知識とそれを実現するさまざまな技術!①

テレワークによってつくられる柔軟な働き方のかたちとは

2019年4月1日から「一億総活躍社会実現」という構想のもと、働き方改革法が施行されました。

働き方改革法は、長時間労働や正社員と非正規社員の格差などの課題がある現状の労働環境を、労働者にとって柔軟で働きやすい労働環境に変えることで、国全体の労働の生産性を向上させることを目的としています。

そして、この柔軟で働きやすい労働環境のひとつとしてテレワークの導入が進められています。

今回はこのテレワークの基本的な考えや、どのように実現しているかについて、紹介します。

f:id:s-collection_system:20191025111447j:plain

テレワークの基本的な概要

テレワーク(telework)とは「tele(離れたところ)」と「work(働く)」を掛け合わせた造語です。
これは、インターネットなどの情報通信技術を活用して時間や場所にとらわれず、ワークライフバランスを意識して働くことを意味します。

テレワーク自体の歴史は古く、1970年代にアメリカでエネルギー危機とマイカーによる大気汚染を緩和するために始まったとされています。当時は「telecommute(テレコミュート)」と呼ばれていました。
日本の企業でも1984年に、育児や介護をしながら仕事する人のために導入されました。

行政機関でも、働き方改革により総務省厚生労働省を中心にテレワークを推進しています。
このテレワークは従業員側だけでなく企業側にもメリットがあり、双方Win-Winな働き方ともいえます。

それぞれのメリットの一部を以下に示します。

【企業側のメリット】

■ペーパーレス化の促進
■通勤費やオフィスの照明、空調などの経費削減
■優秀な人材の確保
■ブランドイメージの向上

【従業員側のメリット】

■仕事の時間とプライベートの時間を柔軟に選択し、効率よく時間を使える
■通勤時間の短縮、削減につながる
■育児期や介護期の方も働きやすい


3種類のテレワークのかたち

では、現在、企業や行政機関で導入されているテレワークには、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、テレワークによって実現した働き方について、3つの例を紹介します。

在宅勤務

自宅で仕事をする働き方です。

会社に出勤せず、自宅のパソコンからインターネットを使ってアクセスし、電話やファックスを使い連絡を取り合って仕事をします。
自宅で仕事ができるため、育児や介護などワークライフバランスを意識して働くことができます。

モバイルワーク

ノートパソコン、スマートフォンタブレット端末などを使うことで、公共機関やタクシーなどの乗り物での移動中、営業先や喫茶店などで仕事を行う働き方です。

働く場所を会社や自宅に限定することなく、自分で選択することができ、行動の幅が広がり自由度が上がります。

サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)

ノートパソコンやスマートフォンを使って、自分の所属外の事務所や複数の企業が共同で行っているサテライトオフィスで仕事を行う働き方です。
サテライトオフィスが自宅から近い場合、この働き方は通勤時間短縮や通勤費削減に効果的です。

S-Collection株式会社では、システムサポートだけでなく、通信事業やイベント運営など多岐にわたる事業を展開しています。
S-Collection株式会社の幅広い技術力で皆さまの働き方にも貢献しつづけます。

WinActorでのRPA開発~画面遷移のテクニック~

WinActorを使った開発テクニックの紹介【画面遷移】

WinActorでの開発において、画像認識は必須といってもいいぐらいの機能です。
ブラウザの読み込み完了や、Excelなどのファイルを開く時間は常に一定というわけではないです。
そのため、完了する前に次の処理を行おうとして、エラーになってしまうという事象が発生します。

そこで、簡単かつ確度の高い対策方法を紹介します。

1.準備

処理を作成するにあたり、必要な変数や初期値を設定します。

1.変数の宣言

以下の変数を用意してください。
・ループカウンタ
・処理結果
・待機時間
・リトライ回数

WinActorは、数値や文字列といった変数の型を宣言しておく必要はないことが利点です。

2.変数の初期値設定

変数の初期値設定は、2つの方法があります。
・変数一覧の初期値に入力する
・変数設定処理を使用する
結果は同じですので、どちらでもかまいません。

以下のように変数の初期値を設定してください。
・ループカウンタ:0
・処理結果:false
・待機時間:1000(ミリ秒)
・リトライ回数:10(目安ですので、こちらは任意の値でかまいません)

2.ループ条件設定

以下の条件を設定してください。
ループカウンタ < リトライ回数
AND 処理結果 = false

これにより、画像が認識されるかリトライ回数の上限を超えるまでは、処理が繰り返し行われます。

3.ループ内処理

1.指定時間待機

変数の値分待機する処理を使用します。
用意した待機時間を指定します。

2.画像認識

画像認識処理を使用します。
設定項目は以下のとおりです。

処理対象画面のタイトルなど極力限られた範囲を認識範囲として指定してください。
・ウィンドウ識別名:処理対象の画面
・マッチ率:40~60%
※数値が高すぎると画面が開かれているにも関わらず、認識しない可能性があります
タイムアウト:500
・状態取得結果:処理結果

3.ループカウンタカウントアップ

変数をカウントアップする処理があるので、用意したループカウンタを指定してください。

4.ループ後の処理

1.画像認識判定

以下の分岐条件式を設定してください。
処理結果 = true

これにより、処理結果が「true」であれば、画像認識成功、「false」であれば、画像認識がされないままにリトライ回数を超えてしまったことになります。
ですので、「false」になってしまった場合は以下の方法をお試しください。
・マッチング率を下げる
・画像の認識範囲を調整する
・待機時間を増やす

「true」の場合は、後続処理を追加することで対象の画面を確実に認識した状態にて、処理を行うことができます。

複数の画面を遷移する場合は、上記の手順を再利用すれば可能です。
ただし、ループカウンタと処理結果を初期化する処理が必要になります。

以上が、WinActorでの画面遷移のテクニックでした。
文字だけだと難しく感じるかもしれませんが、実際に試してみると、とても短く、シンプルで使い勝手がよい方法です。

RPA開発ツール②~WinActor~

RPA開発ツールの紹介【WinActor】

以前、「UiPath」について紹介しましたので、今回は「WinActor」について紹介します。

1.WinActorの特徴

1.国内シェア率No.1

WinActorはNTTアドバンステクノロジ株式会社が開発したツールであり、国内でRPAツールとしてはNo.1のシェアを誇っています。
利用者が多いため、技術面で困ったときには調べやすいという利点があります。

参考サイト1:https://winactor.com/questions/
参考サイト2:https://qiita.com/

2.画像認識に優れている

画像認識は、WinActorでの開発に欠かせないといっても過言ではないくらい、その機能に優れています。
複数ファイルの操作や、複数画面を遷移する場合、あらかじめ処理対象の画面を登録しておくと、ファイルや画面を認証して処理が可能になります。

また、画像の認識率や範囲も設定できるので、厳密に判定したい場合や、画面やファイルのタイトルだけ大まかに判定したい場合など、場面によって使い分けることができます。
ペイントと画像認識機能を組み合わせて、OCRのような処理も開発できますが、そのことにいて詳しく書くと長くなりますので割愛します。

3.処理が見やすく、小分けにしやすい

見た目がフローチャートのようになっているため、処理の流れが見やすくなっています。
また、何度も呼び出される処理は共通部品として小分けにすることができるので、一連の処理が長くて見づらくなる状態を防ぐことができます。

しかし、タブ表示になっているため、あまり小分けにしすぎると管理が大変になります。
また、タブ移動で時間や手間が掛かってしまうために注意が必要です。

4.用意されている処理をカスタマイズできる

WinActorは、ファイル操作、ブラウザ操作、Excel操作などさまざまなシーンに対応できるように、あらかじめ処理が用意されています。

処理ごとにスクリプトが記載されているため、スクリプト開発の経験がある方や、勉強された方は、スクリプトを編集することで元々ある処理に加えて、自分だけの便利な処理にカスタマイズすることができます。

ただし、WinActorは配列処理に課題があり、利用するには処理を編集する必要があります。
参考サイト:https://qiita.com/silkriver/items/43ef1c627fc5c6814796

以上がWinActorの紹介です。
最初は不慣れな部分もあるかもしれませんが、小規模でも1つ自動化してみると、かなり使えるようになります。

 

RPA開発ツール①~UiPath~

RPA開発ツールの紹介【UiPath】

ひとことでRPAといっても、従来のプログラミング開発と同様に、開発ツールがいくつも存在します。
それぞれの特性や強みなどが違います。

ここではRPAツールのひとつ、「UiPath」について紹介します。

1.UiPathの特徴

1.豊富な拡張機能

UiPathの最大ともいえる利点は、機能の拡張の幅が広いということです。

UiPath自体も頻繁にアップデートされるため、本体の機能がどんどん充実してきていますが、外部の開発者が開発した機能も取り込めるのです。
つまり、開発に必要な機能はほとんど揃っているといえます。
そのため、どの機能を使用するかの取捨選択が必要になってきます。

また、作成したRPAを別のユーザーが使用する場合、どのパッケージを取り込んだかを引き継げるようにしておく必要があります。

2.開発のしやすさトップクラス

「.NET」のようにオブジェクトが充実しているので、従来のプログラミングよりも効率のいい開発が可能です。
フローチャートを作成するような感覚で開発ができます。

また、.NETのプログラミングと組み合わせることで、より詳細な処理をさせることができたり、場合によっては処理が早くなったりすることもあります。
ですが、.NETに近い仕様になっているため、これまでになじみのない方は慣れるまでの努力が必要になります。

3.個人なら無償で利用可能

個人での利用であれば、無償で利用するという選択が可能です。
ほとんどのRPAツールは、個人であってもライセンス契約が必要な場合が多いので、UiPathはかなりお得に利用できます。
法人での利用であっても、年間の売上が5億4,000万円までなら無償で利用することができます。
※2019年5月27日現在

個人でRPAの勉強をするのもよし、小規模のチームで開発するのもよしです。
もちろん、大手企業も積極的に取り入れています。

4.充実のサポート体制

UiPathでは、UiPathアカデミーという、使い方や機能などをe-ラーニング形式で学ぶことができます。
小テストもあり、確認しながら知識が身につきます。
最新の機能に合わせて、随時アップデートされています。
また、UiPath株式会社が開発者向けに勉強会も開催しており、最新の機能を学べたり、現場の開発者と意見交換ができたりします。

以上がUiPathの紹介です。
実際に使っていただいたほうが使いやすさを実感できます。
そのほかのRPAツールに関しては、また別の記事にて紹介します。

普及しはじめた自動化!RPA開発の現場は実際どうなのか?

RPA開発の現場事情

以前紹介したRPA導入の現場事情につづき、今回は開発側の現場事情について紹介します。
既に開発を経験されている方には、共感していただける内容もあるかと思います。

これから開発をされる方、まだ開発はしていないが、どんなものなのか興味があるという方には、参考にしていただければと思います。

1.RPA開発側の課題

1.開発着手までの道のりが長い

通常の開発だと、「こんなシステムを開発してほしい」という明確な要望があり、それに向けてユーザーと開発側の双方の意識合わせをしていきます。
そのため、仕様の検討が比較的進みやすい傾向にあります。

一方、RPA開発の場合、明確な要望がなく、「上からRPAでなにかやれと言われているのだけれど、なにができますか」といったも少なくありません。
なかには、仕様検討の前の業務整理だけで数ヶ月かかる現場もあります。

2.開発手段がRPAツールに固執してしまう

業務整理をして、手順をヒアリングしてみると、実はExcelマクロだけで実現可能であったり、場合によってはむしろそのほうが開発も処理も早かったりすることがあります。
RPAという手段が目的になってしまっている依頼も実際にあります。

だからこそ、あくまで目的は業務の自動化、効率化だということを念頭において、マクロで実現可能な業務は、そちらを提案するということも開発側の仕事です。

3.まだまだ共有されているノウハウが少ない

従来の開発だと、実現したい機能や処理のノウハウがすでに一般に広まっているため、課題のほとんどをインターネットや書籍で調べることで解決できます。
しかし、RPAの場合、調べても「検索結果0件」であったり、欲しい情報が全然見つからなかったりということが珍しくありません。

ご自身で色々試してみたり、工夫したりしながら解決することがRPAの面白さのひとつでもあります。

2.開発側の対策

1.従来のプログラミング開発とは別物だと考える

RPAは開発のなかでは新しい分野ですので、従来の開発とは手法が異なります。

長くエンジニアをされている方は、体制や工程などといったさまざまな部分で従来の開発と比較して考えてしまう可能性があります。
しかし、RPAは別物ですので、「どうすればRPAでの開発が効率よく前進するか」を考えることこそが大切になってきます。

2.粘り強く取り組む

業務整理やヒアリング、開発時のノウハウの確立などを行うなかで、解決すべきことや、想定外のことが開発現場ではたくさん起こります。
ですので、それらをひとつひとつ乗り越えていくことを楽しめる力が、RPA開発の現場では必要になってきます。

また、試行錯誤の結果、新たな発見もあります。
ノウハウをチームに展開したり、インターネット上にあるRPA開発者向けのフォーラムに投稿したりして、業界全体の技術力向上に貢献することも効果的です。

今回は開発側の現場事情について紹介しました。
RPAツールについても、別の記事にて紹介したいと思います。

普及しはじめた自動化、RPA導入の現場は実際どうなのか?

RPA導入の現場事情

現在、大手企業が先陣を切って作業の自動化や効率化に力を入れています。
そのなかで活躍するツールがRPAです。

RPAとは「Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」の略で、ロボットによる業務自動化の取り組みです。
RPAは登場して間もないこともあり、これからの伸びしろが期待されていますが、実際に導入する側の現場事情を紹介します。

1.RPA導入側の課題

1.上司からRPAツールだけ渡される

会社の上司から「RPAツール導入したから、これで業務自動化して」といった、不明確な要望だけがおりてきて、実際なにをすればいいのかわからないまま手つかずになってしまうという状況が、導入する側によく見られる事象です。

2.RPAやITに対する知識

総務担当者が業務自動化を任されるケースもあります。
その場合、ITの知識があるとは限らないので、RPAがどういうものなのか、どこまでできるのかわからないという事象も見られます。

普及しはじめてまだ間もない分野なので、IT技術者でも知らない人がいるといった、RPAに対する認知度の低さなども課題です。

またRPAについて、一部でこんな売り出し方がされています。

・プログラミングの知識は不要
・簡単に短期間で作成できる

このような言い方で売り出されたりしています。
確かに間違いではないですが、完全にその通りというわけでもありません。

従来の開発ほどはプログラミングの知識が不要で、必要な期間も短縮されました。
しかし、実現したい機能によっては多少プログラミングも必要ですし、期間も必要になります。
素晴らしいツールですが、過度な期待は禁物です。

3.RPAはAIではない

RPAとAIの認識が混在している、違いがよくわからないといった事象もあります。
2つの違いについては以前も紹介しました。
RPAはあらかじめ登録しておいた手順どおりの作業のみ行います。
そのため、機械に判断をゆだねるような業務、臨機応変さが求められる業務には向いていません。
参考:RPAにより広がる自動化の波!今後の働きかたの変化について

2.導入側の対策

1.定常作業、定型作業の洗い出し

自動化の選定には、普段行っている業務のなかで、定常作業や定型的な洗い出しが必要です。

入力場所がほぼ決まっている、押すボタンがほぼ決まっているなどの作業は自動化の対象になる可能性が大いにあります。
月に1度や日々の面倒な作業を自動化させて、効率化させましょう。

2.作業手順のフロー化

作業の洗い出しが終わったら、実際にどういった手順で行っているかをフロー化する必要があります。
これにより、自動化ができるかどうかの判断がしやすくなることと、開発に着手した際のスピード感がまったく違います。


今回は導入側の現場事情について紹介しました。
開発側の現場事情については、また別の記事にて紹介します。

あなたを守る認証の基礎知識②

認証の具体例

前回の「あなたを守る認証の基礎知識①」では、情報セキュリティや認証について簡単にお伝えしました。

普段はあまり意識することが少ないかもしれませんが、情報をやり取りする際に、認証の作業はさまざまなところで行われています。
今回は、代表的な認証の方式などについてお伝えしていきます。

 

f:id:s-collection_system:20190508090840j:plain


3つの認証方式

認証には大きく3つの認証方式があります。
そして各方式にさまざまな認証の方法や技術が存在します。

 

①知識認証

知識認証とは、本人だけが知っている知識を使用して行う認証の方式です。
パスワードや秘密の質問とその答えなどが例としてあげられます。

導入が簡単で、変更も容易に可能であり、もっとも広く使用されている認証方式といえます。
ただし、認証情報を忘れてしまったり、他者への流出に気をつけたりする必要があります。

 

②所有物認証

所有物認証とは、本人だけが所有しているものを使用して行う認証の方式です。
ICカード、磁気カードまたはUSBキー(USB内に鍵となる情報が入っている)などがあげられます。
こちらも、さまざまなところで使用されています。

自分の勤務する会社へ入退出するときに使用するセキュリティカードや、銀行のキャッシュカードなども所有物認証のひとつです。
知識認証のように、忘れて使用できなくなるということがありません。
しかし、その代わりに、認証となる所有物そのものの紛失、盗難、またはスキミングなどに気をつける必要があります。

 

③生体認証

生体認証とは、本人の身体的情報を使用して行う認証の方式です。
代表的なものに指紋認証、静脈認証、顔認証、網膜認証などがあります。
忘れたり、紛失したりすることがなく、なりすましをすることがとてもむずかしい認証方式です。

身近なところでは、銀行でパスワードの代わりに静脈認証を採用していたり、スマートフォン指紋認証や顔認証などに使用されたりしています。

利点の多い生体認証ですが、認証の許容度を下げると、本人を正しく認識することが難しく、認証が通りにくくなります。
逆に認証の許容度を上げると、他人を誤って通してしまうため、認証精度についての問題があります。
また、もし認証の生体情報が流出すると認証として機能しなくなります。
そして、一生使用できなくなってしまうので、認証情報の管理がとても大事になります。

 

二段階認証と二要素認証とは

鍵のかかっている扉が1枚あるよりも、2枚あるほうが侵入は難しいことと同様に、複数認証を行うことで、認証の強度を上げることができます。
認証を2つ行うものに、二段階認証と二要素認証とがあります。

二段階認証とは、その名のとおり、2つの方法によって用う認証のことです。
認証の方法が異なっていれば、認証の方式は同じでも異なっていても構いません。

一方、二要素認証とは、異なった認証方式を用いて2通りの認証方式によって行う認証のことです。
身近なところでいうと、銀行でATMを使用する際に行うキャッシュカードと静脈認証(所有物認証と生体認証)や、IDとパスワードでサイトにログインを行った際に登録しているスマートフォンにSMSで認証コードが送られ、そのコードを使用して認証を得るSMS認証(所有物認証と知識認証)などがあげられます。
つまり、二要素認証は二段階認証の一部といえます。

今回、紹介した認証の方法以外にも、さまざまな認証の方法があります。
不正アクセスやなりすましを防ぐために、新しい認証の方法が開発されています。
認証の方法を難しく、より複雑にすればするほど、なりすましによる認証の突破をより困難にできます。
しかし、その代わりに認証作業が煩わしくなるため、ユーザーの使い勝手が悪くなることが課題といえます。
ユーザーはそれらの認証技術に頼りきるのではなく、一人ひとりがセキュリティに関しての意識を持って行動することも、とても重要といえます。

S-Collection株式会社では、情報セキュリティをしっかりと守りつつ、皆様の要望に合わせた最適なシステム構築をすることで、企業様へ貢献し続けていきます。