S-Collection株式会社 システムについて

S-Collection株式会社のシステムサポート事業

はじめてでもわかる!クラウドサービスについて

これでOK!クラウドの初歩!!

近年、 「クラウド」という言葉が当たり前のように使われていますが、具体的なことはよくわからないという方もいるのではないでしょうか。今回は、専門的なことはわからないという方向けに、クラウドの初歩について紹介します。過去の「オンプレミスとクラウドどっちがよいか?① - S-Collection株式会社 システムについて」でもクラウドについて紹介しています。より専門的なことを知りたい方はあわせてご覧ください。

1.クラウドの3つの分類!

クラウドとは、「ユーザーが物理的なサーバーを持たなくても、インターネットを介してサービスを利用できるシステム」のことを指します。クラウドが普及する以前は、ユーザーがサーバーを購入したり、ソフトウェアをコンピューターにインストールしたりすること(オンプレミス)でサービスを利用していました。しかしクラウドの出現によって、インターネットに接続できる機器さえあればサービスを利用することが可能になりました。クラウドはサービスの形によって「SaaS」「PaaS」「IaaS」の3つに分類されます。

SaaS「Software as a Service」

「サース」と読みます。インターネットを経由して、ソフトウェアを利用するクラウドのことです。代表的なものとしては、ブラウザ上でメールやスケジュール管理ができるGoogle Appsがあります。

PaaS「Platform as a Service」

「パース」と読みます。アプリケーションを動作させるためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして利用できます。通常であればアプリケーションごとに開発環境を構築することに労力を費やすものですが、PaaSを利用することでその労力を削減できます。アプリケーション開発者にとって、非常に便利なクラウドサービスです。

IaaS「Infrastructure as a Service」

「イアース」または「アイアース」と読みます。OS、サーバーやストレージ、ネットワーク機器などのインフラをインターネット経由で利用するクラウドのことです。ほぼゼロから開発環境を構築でき、サーバーの選定やOSの各種設定などもできるため、カスタマイズ性が高いという特長があります。しかし、システムの運用や保守に必要な作業が煩雑になる傾向があります。IaaSの代表例は、Amazon Web Service(AWS)、Microsoft Azureなどがあります。

2.急増するクラウド市場!

クラウド業界は年々市場規模が拡大し、大きな市場となっています。オンプレミスの市場がこれまでの主流でしたが、ここ数年クラウドを導入する企業が増加しています。2019年にはオンプレミスで運用する企業を、クラウドで運用する企業が超えるとも予想されています。
また、企業のみならず個人単位でもクラウドは生活に欠かせないものとなっています。ふだん意識してなくても、多くの方がさまざまなクラウドサービスを利用されているのではないでしょうか。クラウドはビジネスシーン、プライベートのどちらも今後もますます拡大していくでしょう。

今回はクラウドの概要について説明しました。S-Collection株式会社には、最新の技術を学び、積極的に導入していく文化があります。新技術の評価、導入サポートについてもお気軽にご相談ください。

クラウドサービスはこうしてはじまった!

クラウドサービスの歴史をひも解く

AppleのユーザーであればiCloudを使い、写真やデータをiPhoneMacBook間で共有をされる方は多いと思います。これもクラウドサービスのひとつですが、クラウドサービス自体はAppleのユーザーに限ったことではなく、今や多くのクラウドサービスが当たり前に使われる時代になりました。
しかしクラウドがどのようなものなのか、またクラウドの歴史についてはあまり知られていないのではないでしょうか。
今回はクラウドがどのようにして生まれ、今のような形になってきたのか、その歴史を紹介します。

クラウドサービスはこんな概念から生まれた!

クラウドサービスとは、ユーザーが物理的なサーバーを持たず、インターネット上で利用可能なサービスのことです。データの保存や管理をはじめ、アプリケーションの実施、ストリーミング再生、メールなど、多くのコンテンツで活用されています。
クラウドコンピューティングにおける概念は「複数のコンピューターをひとつのコンピューター資源と見なす」「⁠ネットワーク全体の資源をひとつのコンピューター資源として見る」という考え方です。この概念をもとに今日のクラウドサービスは提供されています。

クラウドサービスのはじまりはなんと30年以上前!!

クラウドサービスのはじまりは1983年までさかのぼります。当時インターネット業界のリーディングカンパニーだったSun Microsystems社CEOのエリック シュミット氏は、「ネットワークこそコンピューターだ」というスローガンを世の中に打ち出しました。
エリック シュミット氏は当時より、ネットワーク全体の資源をひとつのコンピューター資源として見ており、「ネットワークがプロセッサ並みに高速になれば、コンピューターはネットワークに拡散し、ネットワークがコンピューターになる」と、現在のネットワークの環境と同じ考えを提唱しました。しかし、当時は回線が低速でコンピューターが高価だったため、実用化はされませんでした。

ネットワークがコンピューターになる!クラウドサービスの広がり!!

2000年代になると回線がブロードバンド化され、インターネットが一般的に使われはじめました。また、コンピューターも安価で購入できるようになったのもこの時代です。これにより「ネットワークがコンピューターになる」ための最大の問題が解消しはじめたのです。
2006年にはGoogleが、インターネットの現状とそれによって引き起こされたコンピューター資源の利用方法の変化を「クラウドコンピューティング」と表現し、「ネットワークがコンピューターになる」時代が来たのです。ちなみに、このときのGoogleのCEOは、なんとこの時代を予見していたエリック シュミット氏でした。

現在、パソコンや携帯端末にはクラウドサービスが必要不可欠になりつつあります。パソコンと携帯端末の普及は、間違いなくクラウドサービスの広がりに拍車をかけた要因のひとつです。普段、何気なく使っているクラウドサービスですが、1980年代からクラウドのもととなる考え方があり、それが時代の進歩とともに実現されてきたのです。

圧倒的な利益率!「変なホテル」の収益性の秘密とは!?

「変なホテル」はどこが変!?

2015年7月にハウステンボス株式会社は 「変なホテル」というホテルの運営を開始しました。快適で心地よく宿泊できるホテルをリーズナブルに提供することをコンセプトに生産性向上に取り組んでいますが、その方法はロボットの導入と一風変わっています。
今回は「変なホテル」がロボット導入によって実現した、稼働率と利益率の高さについて解説します。

1.世界初!ロボットによるサービスのIT化!!

「変なホテル」は世界で初めてロボットがスタッフで働いたとしてギネス記録に登録されたホテルです。人間や恐竜の形をしたロボットが受付をするなど、館内のいたるところでロボットが業務を行っています。
チェックインはタブレットで行い、各部屋にあるコンシェルジュロボットが欲しい情報を素早く手配、掃除用ロボットが館内の掃除を行います。
ロボットでは難しい業務を行うために人間の従業員も6〜8人程常駐していますが、これは同規模のホテルの約5分の1の人数です。
長崎のハウステンボスに1号店を出店したあと、国内に13店舗を構えています。最先端のテクノロジーを導入して、ビジネスホテルより多彩なサービスを提供することで、3〜5年で国内外に100軒の出店を目指しています。

2.IT化による「ホテルの最先端」と変化する「常識」

ロボットの導入は初期費用こそ高いものの、導入後は日々の電気代とメンテナンス費用だけのため、収益率は非常に高いです。そのため宿泊費を安く抑えることができます。また、ロボットと触れ合えることがほかにはない付加価値となっていて、年間の稼働率は80%もあります。
「変なホテル」の中には、顔認証と画像認識技術を活用した無人の「スマートコンビニ」、タブレット端末内の自動応答エージェントが接客する「変なバー」などがあります。そうしたIT化により最終的には無人のホテルを目指すというビジョンがあります。
また、ハウステンボスで培った再生可能エネルギーのノウハウも取り入れてコストカットをすることで、「ロボットが働くホテル」というイメージと「高い生産性と利益率」を実現していると言えます。

ITは、コンピュータの前だけで使われるものではありません。「変なホテル」に代表されるような試みをさまざまな産業で試してみて、「変」が「当たり前」になったら面白いのではないでしょうか。

今ノンプログラミング開発が熱い!その理由とは!!

専門知識がなくても大丈夫!?ノンプログラミング開発の3つのメリット!!

近年、プログラミングを行わずにシステム開発をする、ノンプログラミング開発という手法に注目が集まっています。プログラミングの勉強をする必要がないので、技術者でなくてもシステムを構築することができます。今回はノンプログラミング開発の3つのメリットについて紹介します。

1.誰でも手軽にシステムを開発できる!

ひとつ目のメリットはシステム開発をするときの手軽さです。ボタン、アイコンやフォームなどの部品があらかじめ用意されており、それらをドラッグ&ドロップしてシステム開発を行うことができます。
開発ツールが充実していることもあり、プログラマなどの専門家でなくても、システム開発を行うことができます。

2.仕様変更にも柔軟に対応!!

ふたつ目のメリットは仕様変更に柔軟に対応できることです。専門家でなくシステムを使う人がシステム開発をできるので、変更したいところが出たら柔軟に変えることができます。そのため、ウォーターフォール型開発で頻発していたシステム開発の手戻りが少なくなります。

3.開発工数を少なくして、費用削減!

3つ目のメリットは、専門家にシステム開発を依頼しなくてもよくなるため、今までかかっていた費用を削減できることです。

ノンプログラミング開発のツールとしてはサイボウズ社のkintone、東洋ビジネスエンジニアリング社のBusiness b-ridgeなどがあります。直感的で分かりやすくシステムを作れるツールは今後増えていくでしょう。
次回はノンプログラミング開発環境の導入事例を紹介します。

モバイルファーストでもっとユーザーが便利に!

Web閲覧がより簡単に!

インターネットで調べものをしたり、ブログを読んだり、動画を観たりをすることは生活の一部となりました。スマートフォンの普及により、PC版よりもモバイル版のWeb開発を先行して行う『モバイルファースト』という考え方が登場しました。今回はモバイルファーストの利点、PC版サイトの今後について解説します。

1.モバイルファーストが登場した3つの理由!

モバイルファーストが登場した3つの理由を解説します。

1.Web閲覧をスマートフォンで行うことが増えたため!

スマートフォンが普及する前まではWeb閲覧の手段としてはPCが主流であったため、PC版のサイトを作り、それをもとにモバイル版を作成するという流れが主流でした。スマートフォンが普及してからはWeb閲覧をスマートフォンですることが増えています。

2.PCとスマートフォンとの性能面の違い!

スマートフォンは場所を選ばず、出先でも気軽に使用できることが利点ですが、PCよりも表示する画面が小さいことや、通信が不安定であるなどの点から、WebサイトがPCと同じでは不都合が出てきてしまいます。

3.PCとスマートフォンとの操作性の違い!

PCではマウスなどのポインティングデバイスでカーソルを動かして操作を行いますが、スマートフォンでは指先で画面のスクロールやタップによって操作するなど、操作性に関しても違いがあります。

以上のような理由からモバイルファーストの考え方が登場しました。
モバイルファーストは、単にモバイル向けサイトから作るという意味ではなく、モバイル向けに最適化されたサイトをつくるための手法です。
さらにはモバイル向けの画期的なサイトを開発することができる可能性も秘めています。

2.PC版サイトとの使い分けでユーザーにとってより便利に!

モバイル機器によるWeb閲覧が中心になりつつある昨今、PC版サイトは不要と考える人もいます。しかしスマートフォン版にメリットを感じて使用するように、PC版にもメリットは存在します。

人によっては同じサイトでも家ではPCでWeb閲覧し、出先ではモバイル機器を使うなどロケーションに合わせた使い方をするでしょう。ユーザーにとって使いやすい、魅力的なWebサイト作りになっているかどうかが大切です。

似ているようで異なる?AIとRPAの違い!

人の仕事を代行するAIとRPAの特徴とは!

以前、「AI(人工知能)ってなに? - S-Collection株式会社 システムについて」ではAI(Artificial Intelligence:人工知能)について解説しました。AIは囲碁プログラムや自動車の自動運転技術などに使われていて、柔軟な対応を求められる業務を行えます。
また、「衝撃!RPAによる大幅な業務改善と今後の可能性① - S-Collection株式会社 システムについて」にてRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)について紹介しました。RPAを活用することで、売り上げの予測を立てるといった過去データの分析が必要な業務も自動化することが可能です。
AIもRPAも、どちらも人が行う仕事を自動化してくれるシステムで、その言葉を特に区別せずに使う人もいますが、本来は明確に違うものです。今回はそのAIとRPAの違いについて解説します。

1.主な違いは、考え方のベースがシステムかルールかどうか!

AIとRPAの違いは一言でいうと、考え方のベースが判断かルールかの違いです。
AIは人工知能の名のとおり、人間のような考え方ができるシステムを目指してつくられています。どのように人間に近い考え方を実現しているかというと、膨大な量のデータを集め、人間ならこう判断するということを再現しています。たとえば、チェスであればプロがどう駒を動かしたかというデータを集めて最良の手はなにかを模倣しています。
一方、RPAは仕事のルールにもとづいてパソコンの操作を自動化するシステムです。たとえば、銀行システムであれば入金や出金の手続きが行われたとき、履歴を指定の場所に残したり、必要な帳票を作成するなどルーチンワークを自動化するシステムです。
最初に登場したRPAはClass1と呼ばれていて、ルーチンから外れた仕事は苦手でした。AIを組み合わせることによりClass2と呼ばれるRPAが登場し、ルーチンから外れた仕事も自動化できるようになりました。

2.強いAIの登場で進化するRPA

現在のAIは特化型AIと呼ばれていて、特定の領域に特化しています。2030年ごろには汎用的に使える強いAIが登場するといわれています。強いAIの登場によりRPAはClass3と呼ばれる、データの分析だけではなく、業務プロセスの改善まで行える自律型のRPAがでてきます。

RPAでできる自動化業務はClass2の時点でも数が多く、コスト削減と品質向上に一役買っています。より効率的な事業の展開のために、RPAの導入をご検討してみてはいかがでしょうか。

スマホアプリは自分でつくる時代!?③

つくってみよう!オリジナルのAndroidアプリ!

前回「スマホアプリは自分でつくる時代!?② - S-Collection株式会社 システムについて」では、アプリの開発環境の構築について紹介しました。
Androidアプリの開発に必要なツールをインストールしたら、さっそくアプリをつくっていきます。一体どのような手順でアプリをつくればいいのでしょうか。
スマホアプリも含め、一般的なシステム開発は、大きく設計、製造、テストの3工程に分かれます。
今回は、スマホアプリの開発方法として、この3つの工程について説明していきます。

1.アプリの質を左右する設計工程!

まずは、どんなアプリをつくりたいか、簡単に設計図を書いてみましょう。実際の業務でも、まずは設計図を作成するところから始まります。
シンプルなアプリなら、紙に設計図を描くだけで十分です。画面のレイアウトを描き、どのような機能があるかを書き出してみましょう。書き出すことで、アプリのイメージがどんどん膨らんでいくはずです。
本格的に設計をやってみたいかたは、設計手法の勉強や専用のツールを取り入れてみることをおすすめします。今では、無料で便利なツールがたくさんあります。

2.製造工程はエンジニアの腕の見せどころ!

設計図を描いたら、実際にプログラミングをしていきます。最初のうちはアプリを動かしながら書き進めていくのがいいでしょう。
慣れてくれば、複雑なプログラムを作成したり、整理されたプログラムをつくることもできるようになります。
どんどんプログラムを書いて、腕を磨いていってください。

3.テスト工程で不具合を取り除く!

アプリが完成したら、実際に自分のスマホにインストールして動かしてみましょう。きちんと設計図どおりに動くでしょうか。
せっかくアプリをつくっても、思ったとおりに動かなければ意味がありません。アプリがどのような使われ方をするか想定し、正常に動くかどうか、何度もチェックを行います。
地味で大変な作業ですが、アプリの品質を担保する重要な作業ですので、細かなところもきっちりチェックしましょう。
テスト工程が完了したら、アプリの完成です。自分でつくったアプリが実際に画面上で動くのを目にしたときは、感動もひとしおです。

S-Collection株式会社が提供している「WEBチケ」という製品も独自で開発したアプリケーションのひとつです。実際に、アーティストのライブや、著名人の講演会などでもご利用頂いています。
みなさんがつくられたアプリも、たくさんのひとから使ってもらえる日が来るかもしれませんね。