S-Collection株式会社 システムについて

S-Collection株式会社のシステムサポート事業

プログラミングをはじめよう①ーメリットと言語ー

プログラミングをはじめるうえで知っておきたいこと

プログラミングに興味があり、いざ動き出そうとしても、何から取り掛かればいいか分からない人が多いと思います。
そこで、この記事ではプログラミングを始めるうえで、最低限必要な知識をまとめていきます。

 

1.プログラミングをするメリットとは?

まず、プログラミングに取り組むことでどんなメリットがあるかを2点紹介します。

ノマドワーカーのように仕事ができる!

プログラミングはパソコンさえあれば作業ができるため、仕事の内容によってはノマドワーカーのように、好きな場所で好きな時間に仕事ができます。

高い問題解決能力が身につく!

また、現在日本ではプログラミングを2020年に義務教育化を検討されているほど社会全体で注目されています。
その理由としてはプログラミングを覚えることで、高い問題解決能力が身につくからです。
プログラミングをすることで、情報検索能力やエラー解決能力を身につけていくことに直結します。

 

2.使用する言語を決める

プログラミング言語は世界になんと200種類以上もあります。その中から目的に合った言語を選ぶことがプログラミングを組む上でとても大切です。各言語の特徴や特性をしっかり理解して選びましょう。
ここでは代表的な言語について、コンパイル言語、スクリプト言語に分けて、特徴を簡単にあげていきます。

 
コンパイル言語

ソースコードをコンピュータの理解出来る言葉に変換する作業をコンパイルと呼びますが、そのコンパイルが必要な言語をコンパイル言語と言います。

JAVA
WebアプリからAndroidアプリまで幅広く、いろいろなアプリケーションを作成することができます。また、エミュレータや実機での動作確認が簡単にできるのが特徴です。

C++
産業用ロボットや家電製品、OS、OS上で動くソフトウェアによく使われています。C言語に「オブジェクト指向」を追加したもので、より効率よくプログラミングができるように作られており、C言語よりさまざまな拡張機能が追加されています。

オブジェクト指向・・・プログラムを「モノ」の組み立てのように表現して、コンピュータに動作をさせる考え方のこと。

C#
サーバー用のプログラムによく利用されています。また、WEBアプリケーション、WEBサイトなど、幅広く作成できます。企業向けの業務システムで利用されることも多いです。

 

スクリプト言語

コンパイルが必要なく、ソースコードを変換せずとも、そのままコンピュータがソースコードを上から順番に理解して実行してくれる言語です。

PHP
PHPはHTMLに埋め込むことができるため、Webアプリ開発でよく使用されるスクリプト言語です。「関数」(値を渡すとさまざまな結果が返ってくるというとても便利なもの)が豊富にあるため、ほかのプログラミング言語と比較して初心者向きです。

JavaScript
PHPと同じく、Webアプリ開発でよく使用されるスクリプト言語です。Webサイトの外観デザインや使い心地から、サイト内の情報表示に至るまで、高機能な画面動作に使われています。

Python
人工知能(AI)やWeb開発など広い分野で使われています。文法のシンプルさと可読性の高さからプログラミング初心者にもわかりやすく、学びやすい言語と言われております。

Ruby
簡単なWebサービスから大規模なものまで開発ができます。例えばTwitterクックパッドなどの業務システムで運用されています。手早く作成でき、すぐ動かせたりするので、バグ対応やコーディングのサイクルが早いのが特徴です。

このように、それぞれの言語で特徴が異なります。そのため、使用する言語はしっかり特徴理解して作成するものに対して最適なものを選ぶ必要があります。

次回の記事では、開発をするためのさまざまな機能を備えているソフトウェア、「開発環境」についてふれていきます。